スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • Category : - |
    • スポンサードリンク |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |

    女傑・ウオッカの初年度産駒・VODKA2011(ウオッカの2011) 初来日。

    0
       2011年5月2日・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで生まれた、VODKA2011(ウオッカの2011)が、10月31日の午後、新東京国際空港着の飛行機で無事に到着、初来日しました。

      VODKA2011(ウオッカの2011)は、女傑・ウオッカの初年度産駒で、父・シーザスターズは、凱旋門賞を制覇も果たした、クリストファー・ツイ氏の所有馬で、2010年から、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで種牡馬として繋養生活を送っております。

      VODKA2011(ウオッカの2011)の母、女傑・ウオッカは、現役時代、角居勝彦厩舎(栗東)に所属し、26戦10勝の成績を残しており、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも連続して選定されており、2007年には特別賞も受賞した、タニノギムレットとタニノシスターの産駒でありましたが、2010年3月4日に、ドバイのメイダン競馬場で行われた、ドバイ・ワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(8着)を最後に、鼻出血症がもとで競走馬を引退し、同年の4月1日から、繁殖牝馬として、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで繁殖牝馬として繋養生活を送っていて、現在に至っており、6月3日に3度目の種付け交配で受胎し、成功、2011年4月中旬には、お産が始まり、難産の末、無事・黒鹿毛の男馬として、カントリー牧場(今年の3月末で閉鎖・解散した。)の名義で生産されました。

      今年の10月13日に、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンを出発した、VODKA2011(ウオッカの2011)は、イギリス・サフォーク州・ニューマーケットで出国検疫検査を受けた後、オランダ・アムステルダム・スキポール空港に移動し、10月30日・同空港発の飛行機で渡航し、31日・午後、新東京国際空港に無事に到着して初来日し、その後・着地検疫検査の為、動物検疫検査所(神奈川県・横浜市)に移動、ここで2週間の着地検査を受けるため、滞在生活を送っており、現在に至っております。

      VODKA2011(ウオッカの2011)は、今後・吉澤ステーブル(北海道・浦河郡・浦河町)に移動し、競走馬の訓練を受けた後、牡・2歳になる、来年の夏・秋には競走馬として、母である、女傑・ウオッカの、現役時代の所属厩舎であります、栗東・角居勝彦厩舎の所属でデビューすることになっているようで、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン生まれの外国産逆輸入馬・VODKA2011(ウオッカの2011)が、無事にデビューすることが出来るのか、期待したいと想い、願っております。