スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • Category : - |
    • スポンサードリンク |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |

    女傑・ウオッカ 平成23年度の顕彰馬に選出される。

    1
    美しく、綺麗で、かわいい鹿毛の馬で、4月4日(日本時間・4月5日)に、牝・7歳の誕生日を迎えた、女傑・ウオッカ(VODKA・毛色・鹿毛)が、このほど、平成23年度の、顕彰馬に選定されました。 女傑・ウオッカは、2004年4月4日生まれ・北海道・静内郡(現・日高郡)・静内町(現・新ひだか町)の。カントリー牧場の自家生産馬、父・タニノギムレット・母・タニノシスターで、2歳の時の、2006年10月29日・京都競馬場で行われた、メイクデビュー京都(サラ系2歳新馬戦)・1着で、競走馬デビューしました。 以後、2010年3月18日(日本時間・3月19日)付で、競走馬登録を抹消するまで、阪神ジュベナイリーズフィリーズ・チューリップ賞・日本ダービー(東京優駿)・ヴィクトリアマイル・天皇賞秋・安田記念(2回)・ジャパンカップなど、通算で国内22戦10勝・海外4戦0勝・計・26戦10勝の成績を残しており、2006年のJRA賞・最優秀2歳牝馬を総なめにした他、2008・2009年の、JRA賞・年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に選定されて受賞、2007年には、特別賞にも選定され受賞しましたが、2010年3月4日(日本時間・3月5日)・ドバイ・メイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(8着)を最後に、鼻出血症がもとで、惜しまれつつ現役を引退しています。 現在 女傑・ウオッカ(VODKA)は、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、アイルランド・キルデア近郊・ギルタウンにある、GILLTOWN STUD(ギルタウンスタッド)で、繁殖牝馬として繋養生活を送っており、同年6月2日(日本時間・6月3日)に、凱旋門賞馬・シーザスターズ(SEATHESTARS)との間で、3度度目の種付け交配を行い、翌・6月3日(日本時間・6月4日)に、無事・受胎が確認され、成功、以後、優雅な妊娠生活を送っていましたが、今年の4月に、お産がはじまり、予定日の、4月19日(日本時間・4月20日)になっても、流産に終るほど難産が続き、5月2日(日本時間・5月3日)になって、ようやく、初年度産駒・ウオッカの2011(VODKA2011・牡・毛色・黒鹿毛)が、ギルタウンスタッドで、カントリー牧場の名義により、無事・出産したところで、繁殖牝馬生活入りしてから、1周年の今年度も、凱旋門賞馬・シーザスターズ(SEATHESTARS)を配合種牡馬として種付け配合することになっており、女傑・ウオッカの、1年目産駒の誕生が期待されています。 女傑・ウオッカは、記者投票数157票を集めており、今回・見事に、顕彰馬に選定されたのです。 牝馬が、顕彰馬に選定されたのは、昭和62年(1987年)度の、メジロラモーヌ以来、24年ぶりのことです。 今年の6月26日には、阪神競馬場で、女傑・ウオッカの、顕彰馬選定記念セレモニーが行われる予定になっており、馬主の、谷水雄三・カントリー牧場・代表(株式会社タニミズ企画・代表取締役社長)や、調教師の、角居勝彦調教師(栗東)などが参列する予定です。 顕彰馬に選定された、女傑・ウオッカの、繁殖牝馬1年目の生活を、送りたいと想い、願っています。

    スポンサーサイト

    0

      • Category : - |
      • スポンサードリンク |
      • 11:43 |
      • - |
      • - |
      • - |

      Comment